水引の意味

水引の歴史は古く、聖徳太子の時代、小野妹子が隋に渡り帰国する際、随からの贈り物に紅白に染めた麻の紐状のものが掛けてあったことにはじまります。

これは帰路の平穏無事を祈願するとともに、贈り物が真心のこもった品物であることをあらわしたと言われています。

その後、紐は麻から紙へと変化しますが、水引が持つ「相手を思うこころ」はそのままに日本人の暮らしの中で長く息づいてきました。

水引は人と人、心と心を結ぶ日本の奥ゆかしい文化に触れてみませんか

【水引のお稽古募集一覧】

定期開催で習得する結び
水引ガーランド
ー募集ー
2021年度『水引のお稽古』定期開催メニュー

【概要】(共通)

開催時間 : ①10:00~12:00 ②14:00~16:00 ③19:00~21:00

参加費用 : 各3,000 円

参加資格 : 高校生以上 未経験者可※一部のメニューを除く

募集人数 : 各回4名(最少催行人数3名)

​開催場所 : 高知蔦屋書店(高知市南御座6-10)

<2月>※2月は満席です。

開催日時 : 令和3年2月17日(水)

​内容   : ①②③ 基礎編[あわじ結び 小梅結び 四つ葉結び ※3本取り]

<4月>

開催日時 : 令和3年4月21日(水)

​内容   : ①&③ 松葉結び・葉っぱ結び

<6月>

開催日時 : 令和3年6月16日(水)

​内容   : ①&③ おさらい回※1

参加資格 : 水引のお稽古受講者

<8月>

開催日時 : 令和3年8月日(水)

​内容   : ①&③ 水引ガーランドづくり

<4,6,8月共通>

​内容   : ② 基礎編あわじ結び 小梅結び 四つ葉結び ※3本取り

※1 『おさらい回』はこれまでに水引のお稽古を受講していただいた方(受講した場所はどこでも構いません)を対象にお稽古で習った結びをおさらいします。「結び方や手の運び方を忘れてしまった」「どうしても形良く結べない」などもう一度結びをおさらいしたい方はこの機会をご利用ください。どの結びをおさらいするかはご自身で選んでいただけます。

〒781-1101 高知県土佐市高岡町甲2161-4

TEL/FAX 088-881-2167

9:00~17:00(日・祝)

お気軽にお問い合わせください

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © じゃぱかる All rights reserved.